続「初ラベンダー」|結果は残念ですが、来春「芽吹く頃」見逃さないぞ!

9月になっても「花咲かず・・」と、観葉植物で気を紛らわした前記事の続きになります。

ak1677.com

なんと、まぁ・・・ごめんね、ラベンダーたち(2021.10.1)

ラベンダー花壇

植えたラベンダー8株のうち、4株はダメそうです。オレアリアも枯れて来てます・・。

aki画像

半分枯れた・・悲し💧私みたいとは思いたくないっ❗

園芸に超詳しい父に、電話で状況を伝えて聞いてみたところ・・・

  • そもそも、苗植えが6月は遅い
  • 枯れているのは諦めよう(抜いてしまう)
  • 根付いているのはそのまま春を待てばよい
  • 新たに植えるのは、来春、芽吹く頃に苗植えをすること!

「芽吹く頃」がキーワードのようです。寒すぎてもいけないし、遅くてもいけないと。

苗植えのときに肥料は要らなくて、与えるなら植えてからだと言ってたっけ?

あれっ?来年また確認しよ^^;

あと、生きているラベンダーが来年はもっと大きくなりそうなのね。その植え替えも「芽吹く頃」にやるといいんだって。

育ったラベンダー同士がくっ付かない程度の間隔で、植えるといいらしいけど、育ったラベンダーの大きさが分からないのよね。取り合えず来年、もう少し離してみるか。

苗からとは言え、育てるのにはコツがあって難しいものなんですね。

それにしても元気な「ドクダミ」との戦いは暫く続きそうです💧

ではっ、ラベンダーについては来春ですね!

読んでいただき、ありがとうございます。