「幸せホルモン」は3つある!【セロ活】私はセロトニンを増やして心を整える!

笑顔の女性の画像

aki画像

こんにちは!

「アラ還」間際のアラフィフakiです😄

更年期で、ホルモン補充と抗不安剤での治療を始めています。

ak1677.com

ak1677.com

私の更年期症状に対して「いまやれることをやって行こう」そう思っています。元気になるために!

まずは症状緩和のために、今回は更年期とも密接な関係にある「幸せホルモン」を追求してみようかと思いました。

3つの幸せホルモン

  • セロトニン
  • オキシトシン
  • ドーパミン

切っ掛けはこちらの記事からでした。

ourage.jp

※上記記事は「東邦大学医学部名誉教授。セロトニンDojo代表である有田秀穂さんからお伺いした内容となっております。

セロトニンとは

「セロトニンは脳内の神経伝達物質で、心のバランスを保ったり、自律神経を整える作用があり、“幸せホルモン”とも呼ばれます。ただ、女性ホルモンの分泌が減るとセロトニンも減ってしまいます。そのため、更年期になるとメンタルの不調が起きやすいのです。

上記記事から引用:https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/menopause/243942/

セロトニンによって心が安定し、自律神経が整うのね。

aki画像

セロトニンてめちゃめちゃ大事だわ

セロトニンを増やすための習慣

  • 朝日を浴びる
  • 朝食を摂る(ゆっくり噛んで食べる)
  • 一定のリズムで行える運動(ウォーキング・エアロバイク・ヨガなど)
  • トリプトファンをとる(大豆や乳製品、バナナ、卵…etc)

aki画像

在宅が増えてから、ほとんど出来ていないー😭

トリプトファンの多い食材について調べてみたら、こちらの記事に詳しく載っていました。

www.y-koseiren.jp

また、セロトニンが不足するとイライラしたり、うつ状態や暴力的になりやすいようです。私はイライラというより、不安感が出ちゃいます。

私たちの世代になると「生活習慣」の大切さを分かっている人は多いのではないでしょうか。それに知識だってそれなりにはある。

でも問題はアレです。「わかっちゃいるけど・・」つい先延ばしに。面倒クサイが優先されてしまう(私だけ??)。習慣化させるまでがね・・・😔

セロトニンが大事なのが分かったので、次行っちゃいます。

オキシトシンとは

「オキシトシンには、セロトニンの分泌を促す作用や、ストレスホルモンの“コルチゾール”を減らす作用があるので、こちらも精神の安定に効果的。オキシトシンは、心地よいスキンシップやおしゃべりなどの“グルーミング”によって増やすことができます」

引用記事:https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/menopause/243976/

スキンシップねぇ・・😭

恋人同士の画像

楽しい人や好きな人と食事をしたり、一緒に何かをしたり、ストレスを感じない心地よい時間(とき)を持つことでもいいみたいね。

私はグルーミング派で行くわ😁

ドーパミンとは

嬉しいことが起きたときの「快感のホルモン」と言われています。例えば、小さな目標が達成できることでもいいみたい。

モチベーションが上がるような、楽しいことをするのがいいんでしょうね。でも日々楽しい事ばかりでもないですよね。

例えば、仕事や家事なんか。職場が最悪って人もいると思うんですけど、最近、私は食事の支度にモチベが全く上がらないんです。更年期のアルアルなのか?好きなドラマ観ながらとか、音楽聴きながらじゃないとムリですね。アルコールでエンジン掛けちゃう人もいるみたいですよ~。

楽しめる工夫をして気分を変えてでもやっていれば、それが習慣化されてくるのかしら?

習慣化ね~これが課題となるようだわ

まとめ

更年期症状って人それぞれのようですが、私の周りには更年期には少し早いくらいの友人と、「更年期のことなんてすっかり忘れたわ~」って言うおばちゃま群。だから、更年期ネタ話しがあまり出来ずにいます。

仮に更年期なんてなくても、50代ってなにか人生の節目のような、そんなことを私は感じています。特に私のアラフィフ世代には「世の中なにが起こるか分からない」ってことがちょこちょこ、大袈裟なようですが「キツイな~」と思ってる所へやって来た更年期。

また、個人的なこととは別に、いま世界規模で思いもしなかった、感染症が世界中を揺るがし、人々の生命や生活さえも脅かされているようなことが起きています。

いろいろあり過ぎー、としみじみ感じる・・😥

更年期症状、私はメンタルに影響が出ました。

「3つの幸せホルモン」セロトニン・オキシトシン・ドーパミンについて調べていて感じたのは、セロトニンの存在。

3つのホルモンのなかでも、更年期障害といちばん密接な関係にあるのでは?って私は感じました。それが今の私に必要だとも。

「セロトニンを増やすべく、生活習慣を整えることを習慣化する事」

やっぱ習慣化😔

私でもこれならやれる!って方法探してみますわ😁

そんなのあるんかな笑

薬を使う治療法は副作用などのリスクもありますが、ダルい、やる気が出なければ日常生活すらままならないから、まずは、体や心を整えてからという思いから決めました。

そしてある程度、ポテンシャルを上げてから「私が楽しい」と思うことをやろうと!

仕事も楽しくなるようにしようと!仕事に関しては思考の切り替えを考えてみました。(ちょっとパートしてるだけなんだけど・・)「面倒くさい」は脳内から排除。何も考えず「今やれることをやる」。

思考が切り替わってしまえば、無理を感じることがほとんど無いためか、ストレスも感じない気がします。・・・仕事はできるのに、家事(食事の支度)はダメなのよ😔

好きなことやワクワクすることなんて、傍から見たら他愛もないことでいいと思ってます。「自己満でOK」!それでいいと。

では~読んでいただき、ありがとうございます。次の課題が見つかってしまったけれど、また気が向いたときに~ごきげんよう~😄